【例文】ペットを亡くした人にかける言葉!正しいお悔やみメール文・マナー違反の言葉を紹介

ソファで頭を抱える女性 ペットロス
Pocket

ペットを亡くした人に絶対に言ってはいけない、無礼な言葉は?

以下のようなことは、たとえ傷つけるつもりが無かったとしても言わない方が良いでしょう。「だから早く病院に連れていけと言ったのに」「また新しいペットを飼ったら?」「寿命より短かったね」「ペットを亡くしただけで泣くなんて」。励ましているつもりで言ったことも、相手にとっては不快に感じることがあります。そういった注意点などもこの記事で解説していくので、参考にしてみてください。

「ご冥福をお祈りします」はペットを亡くした場合にも使える言葉?

ペットが亡くなった場合でも「ご冥福をお祈りします」や「お悔やみ申し上げます」という言葉を使っても大丈夫です。ただし相手や状況によって適切な言葉が変わるので、こちらの記事ではシーンごとの注意点や例文を紹介します。

【ビジネス場面】上司や取引先の人がペットを亡くしたときにかける言葉・例文

タブレットとキーボードを使う男性

上司や取引先・お客様といった相手がペットを亡くしたときは、失礼にならないよう型通りのメールにするのが無難です。

「この度はご愁傷様でした。○○ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます」といった文章から書き始め、相手のメールに合わせた内容を続けると良いでしょう。

上司であれば「落ち着くまではあまり無理なさらないでください。私にできることがあればおっしゃってください」などの言葉がおすすめです。

ただし場合によっては、ペットが亡くなったことに触れない方が良いときもあります。たとえば相手からその話題が出ないのに、こちらから切り出すのは不自然でしょう。お悔やみの言葉をかけるべきか見極め、必要なければそっとしておくという選択肢もあります。

プライベートな場(LINEや日常会話など)で、仕事関係の人にかける言葉・マナー

仕事関係の人とプライベートな場で関わることがあれば、悲しみに寄り添った言葉をかけてあげましょう。仕事では普段通りに振る舞えていても、深い喪失感を隠していることもあります。

またペットが亡くなって仕事を休む人への対応にも注意が必要。仕事を休むのは精神的な原因と思われがちですが、火葬の手配・遺体の腐食を防ぐ処置などに時間がかかりお休みを取ることもあるでしょう。また犬が亡くなった場合は自治体へ届け出る義務も生じます。

「忙しいのに、ペットが亡くなったぐらいで仕事を休むなんて」と思う人もいるかもしれません。しかしペットを飼っている人にとっては「家族の一員」です。家族が亡くなってしまったときと同様の対応を心がけるようにしましょう。

【プライベート場面】友達がペットを亡くしたときにかける言葉・例文

ペット火葬の参列者

友達や恋人のような関係性の近い人がペットを亡くしたときの、話し方や例文を紹介します。

この場合はビジネス的なやり取りよりもやや砕けた表現で、お悔やみの言葉を伝えるのが良いでしょう。

  • 「そっか、つらかったね」
  • 「良かったらいつでも話聞くよ」
  • 「今度自分も手を合わせていい?」
  • 「つらいと思うけど無理しないでね」
  • 「最後まで○○に大切にしてもらえて、幸せだったと思うよ」

など状況に応じて使ってみてください。

親しい友人や恋人の場合、堅苦しい言葉は不自然なこともある

ペットを亡くした相手が親しい友人や恋人のように気心が知れた相手の場合、普段通りの話し方で良いことも多いでしょう。逆に親しい相手から「お悔やみ申し上げます」といった形式ばったメールが送られてきたら、不自然に感じる方もいるかもしれません。

もちろん最低限のマナーは守るべきですが、あまりに堅苦しいと「形式的な挨拶だけで済ませられている」と感じさせてしまうことでしょう。

上記に挙げた例のように、いつもどおりの話し方で飼い主の気持ちに寄り添ってあげてください。相手との関係性に合わせて言葉を選ぶことが大切です。

「ペットが亡くなったから結婚式やイベントに欠席する」と言われた際は、返信に要注意!

自分の結婚式に招待した友人から「ペットが亡くなったため式に参列できなくなった」と連絡を受けるケースもあるでしょう。

その際つい感情的になって不適切な言葉をかけてしまい、トラブルに発展することも多いので注意が必要です

確かに親しい人から結婚式やイベントの不参加連絡をもらうのは、非常に残念ですよね。しかしペットを家族同然に考えている人にとっては、家族が亡くなったのと同じくらいの悲しみや喪失感があるものです。

できれば友人の気持ちを尊重して「○○ちゃんを亡くして△△さん(相手の名前)もつらく悲しい思いをしているよね。こちらのことは気にしなくて大丈夫だよ」と相手の気持ちに理解を示し、安心させてあげると良いでしょう。

これを言ったら嫌われるかも!ペットを亡くした人にかけてはいけない言葉

口元に手を当てる女性

ペットを亡くした人は深い悲しみの中にいるので、かける言葉には注意が必要です。相手のためを思ってかけた言葉で、逆に傷つけてしまう場合もあります。

「寿命より短かったね、育て方が悪かったんじゃない?」

「たかがペット、人間とは違う」

「(死んじゃうなんて)かわいそうだったね」

このような心ない言葉は、ペットを亡くした人に言わないようにしてあげてください。ペットに対する価値観は人によって異なるので、動物があまり好きではない人やペットを飼った経験がない人は注意が必要です。ペットを亡くしたときの気持ちが理解できないと感じるなら、話題に触れない方が無難です。

実際に経験された方の意見を見てみましょう。

 

励ましているつもりでも、相手に不快な思いをさせてしまうことがある

「元気だしなよ!」

「次のペットを飼ったら?」

「空いた時間で旅行でも行ってきたら?」

このようなペットを亡くした飼い主を励ますためにかける言葉にも注意が必要。ペットロスで落ち込んでいる人を見て「元気を出してほしい」と思うのは自然なことです。

しかし周囲の人が解決策を提案しても、亡くなったペットの存在をすぐに忘れることはできないでしょう。気遣いのつもりで話していても、傷つけてしまったり負担になってしまったりすることがあります。

実際に経験された方の意見を見てみましょう。

 

ペットを亡くした人と接する際の注意点

両手を握る人

ペットを亡くした人へやってしまいがちな注意点や、落ち込んでいる人にしてあげられることを解説します。

注意点①:動物の種類で判断しない

どんな種類の動物であっても、ペットは家族の一員であり大切な命であることを忘れてはいけません。ハムスター・鳥・魚といったペットは、犬や猫と比べると周囲に理解されにくい場合があります。しかし飼い主にとってはどんな動物であっても大切なペットです。

また購入価格でペットの価値を比べるのは絶対にやめましょう。小型の熱帯魚は数百円でハムスターは1,000~2,000円で購入できますが、命の重さを購入価格で決めることはできません。

注意点②:ペットロスを理解し、否定的な態度をとらない

ペットを亡くした人にとって、周囲の理解を得られないことは精神的に大きな負担となるでしょう。周囲の人が完全に理解してあげることは難しいかもしれませんが、ペットを亡くした人がどのような状況に置かれているかを考え、寄り添うことが大切です。

飼い主にとってペットは家族の一員であり、人間と動物の区別なく接しています。自分の子供と同様に愛情を注いで育てている人も珍しくありません。ペットが亡くなり飼い主が泣いたり落ち込んだりするのは自然なことであり、悲しみが長期間続くときもあるでしょう。

ペットロスが重症化するとご飯が食べられなくなったり、眠れなくなったりして日常生活に支障をきたす場合も。「こんなに落ち込む自分は異常かも?」と不安を感じる飼い主も多いので、否定的な言葉をかけないようにしてください。

ペットロスで落ち込んでいる人に自分がしてあげられること

あごに手を当てて考える女性

ペットを亡くして落ち込んでいる人にしてあげられることを、4つご紹介します。

①亡くなったペットとのお別れに協力してあげる

たとえばペットを亡くしたのが会社の同僚やアルバイトの友達だった場合、仕事を変わってあげる・手伝ってあげるなど、できる限り協力してあげるのがおすすめです。

ペットが亡くなった後は1~3日程度で火葬を行うのが望ましく、かつ遺体が腐敗しないよう、定期的に保冷材などを使って体を冷やす必要もあります。そのため数日間仕事を休みたいと考える人も多いでしょう。

もしその人が「仕事でやらなければいけない案件を抱えている」「周りから理解を得られない」などの問題が発生したら、なるべく寄り添って協力してあげてください。

もし友人がどうしても仕事を休めず困っていたら、ぜひ「ペット葬儀110番」をおすすめしてあげてください

「ペット葬儀110番」は、初めてペット葬儀を行う方に信頼できる業者を紹介し、その後の支払いや日程決めなどを仲介してくれるサービスです。紹介される業者は「火葬車」という、火葬が行える車で依頼主の自宅付近まで来てくれます。24時間いつでも対応なので「亡くなったペットを、火葬施設の営業時間内に連れていけない」「でも仕事を休めない」という場合でも、正しく火葬をして送り出すことができます。

上場企業が運営しており利用者も多いサービスなので、友人が困っていたらぜひ共有してあげてください。




ペット葬儀110番を詳しく見る

②そっとしておく

ペットを亡くした直後の飼い主は、親しい人に打ち明けられないほど落ち込んでいることも珍しくありません。

ペットが亡くなったことを噂で聞いたときやSNS等で知った場合、こちらから「いつ亡くなったの?原因は?」などと積極的に聞くと、飼い主の負担になることがあります。どうしても心配なときは「大変だったね、落ち着いたら話聞くよ」と声をかけてあげましょう。

③話を聞いて共感する

話を聞いて悲しみに共感するだけでも、飼い主の心の負担が軽くなることがあります。しかしペットに対する自分の意見を話すのはできるだけ避けましょう。詳細は上記で解説した「かけてはいけない言葉」を参考にしてください。

飼い主の気持ちに寄り添いながら話を聞き「こんなに愛されていた○○ちゃんは幸せだったね」といった声をかけてあげてください。

④お悔やみの品を贈る

話を聞くだけではなく他にも何かしてあげたい、直接会って話を聞くのが難しい、という場合はお悔やみの品を贈るのがおすすめです。ペットを亡くした人に贈るときは、以下のような品が良いでしょう。

  • お花
  • お線香、キャンドル
  • 写真立て
  • お菓子

お悔やみの品を贈るタイミングに決まりはないため、亡くなったことを知ったら早めに贈るのがおすすめです。カードなどに短くてもいいので手書きのメッセージを添えると、心のこもった印象になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました